トラブルになりやすい中古車売買契約後のキャンセル

キャンセルできるかはタイミング次第

例えば見積もりを取っただけならば契約そのものが存在しませんのでキャンセルも何もありませんが、重要なのが売買契約を結んだあと。

中古車売却の売買契約後はキャンセルができない場合があります。

その判断基準は買い取り業者の管理する倉庫へ入庫が完了してから経過した時間です。

要はもうオークションに出品するなどして次が決まっていてキャンセル自体が不可能ということです。

基準となる経過日は業者によってかわりますが、例えばガリバーの場合は入庫したから翌営業日までは無償でキャンセルが可能です。

ですが入庫した日を含む三営業日経過した場合はキャンセル自体が不可能となります。

車の入庫状況については実際に問い合わせてみないとわかりません。

ただ、実際にキャンセルできるかどうかは結局お店次第ということもあり、できない可能性も決して低くはありません。

キャンセルにかかる料金の相場

キャンセルは無償でできる場合もあれば別途料金が必要になる場合があります。

消費者契約法においては「購入者側からの一方的なキャンセルの場合は販売者側の実損分を負担することでキャンセルが可能になる」とあります。

実損、とありますが買い取り業者も次に売るために動くわけで、そのために費やした時間やコストはキャンセルされることで損となってしまうためです。

では実際の料金についてですが、これは業者ごとに異なりますが、おおむね車両本体価格の10~15%が目安となります。

揉める二重査定

中古車売買のキャンセルにおいてもめやすいのが二重査定で、要は実際に買い取った後に見つかった問題により買い取り額を一方的に下げられるパターンです。

査定時にはでない話を後からされる訳ですから売り手は文句をいいますが、そういった話は実は契約書に小さく書いてあったりします。

この問題については契約時にきちんと確認しておく必要がありますが、とはいえ実際は難しいかもしれません。

そこで、活用したいのがJADRIという団体で、ここに加入している業者は再査定自体が禁止されているので業者を選ぶ際にまずこういった期間に登録しているかどうかも確認しておくと揉める可能性は減ります。